カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

保健室(体の豆知識)

RICE処置

足首を捻ったら、、

 初期対応が重要です。
 じめじめした梅雨も明け、いよいよ夏本番ですね。 汗をかきやすいこの季節は、室内でも熱中症にならないように細目な水分補給が大切です。

 季節の変わり目や天気が悪い日、何かした訳ではないのに古傷が痛む。そんな経験をした事はありませんか? もしかしたら、過去に間違った処置をした影響で痛みを誘発している可能性があります。

 例えば、階段で足首を捻った時やどこかにぶつけた後、あなたならその後どうしますか?
① そのまま何もせず痛みが引くのを待つ
② 湿布を貼る
③ 氷で冷やす
 この中で正しい対応は「③氷で冷やす」です。 病院に行く程の大したケガじゃないから大丈夫。と、甘く見てなかなか痛みが引かず、かばいながら生活している内に今度は別の所が痛み出す。なんて話も患者様からよく聞きます。特に腫れていたり、触って熱がある場合は注意が必要です。

 捻ったりどこかにぶつけた後、身体では炎症反応が起こります。炎症反応とは傷ついた細胞や血管を修復する人間に備わった自然治癒力の事で、治癒過程で必要な反応ですが、そのままほうっておくと腫れが広がり治るまでに更に時間がかかります。 そして初期対応はまずこの腫れを引かせる事が第一優先です。

 そんな時覚えておきたいのがRICE処置と呼ばれるものです。 RICEとは、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の略で、中でもIcing(冷却)が腫れや痛みを引かすために最も有効です。湿布で痛みが和らぐ事がありますが腫れは引きません。また「冷湿布」と書かれていても、冷える「感覚」がするだけで実際には冷えません。ですから、氷で15~20分冷やし、30分程間隔をあけてまた冷やす。その間、包帯で圧迫(Compression)しながら患部を心臓より高い位置に挙げて(Elevation)、安静(Rest)にできれば一番効果的ですが現実的には難しいので、Icingだけはしっかりと行いましょう。数日経っても痛みや腫れが引かない場合、一度医療機関に行き骨折の有無を確認して下さい。

 また、ケガをした後に患部をマッサージや鍼などで刺激する事はNGですが、患部以外の所をほぐす事で血流や筋肉の緊張を改善し回復を早めます。 ケガは初期対応が肝心です。適切な処置をして少しでも早く治しましょう!

ページの先頭へ