カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

保健室(体の豆知識)

その痛み、本当に肘が原因ですか?

症状のある部位と原因が異なることも。

 日差しも暖かになり屋外で運動をするのには良い時期になってきました。連休中に普段運動不足気味の体を動かそうと思っている方もいらっしゃると思います。でもその前に、ご自分の体のお手入れをしてみてはいかがでしょうか?
「いつもと同じようにプレーしていたのに肘が痛くて…」と訴え来院される方も当院には多くいらっしゃいます。テニス、ゴルフ、野球など様々なスポーツで使う場面の多い私たちの肘。その分「テニス肘」などの名称で呼ばれることがあるように、時として痛みを起こすこともあります。ところが肘を病院で検査しても異常がなかったり、治療をしてもなかなか効果が現れなかったりする方がいらっしゃいます。
以前にもここでお話したことがありましたが(参照:肘・手首の痛み)、実はそれらの肘の痛みの多くは肘そのものではなく、首や肩、背中が原因であることが多いのです。

 野球関連の雑誌に以下のような話が載っていました。
プロ野球のある投手は1年目から大活躍し、2年目も開幕から期待されていました。ところが、2月のキャンプの練習中に利き腕である右肘に異常を訴え、その後6月下旬頃まで様々な治療を行ったものの効果がなく、原因すらわからない状態でした。そこで、チームトレーナに紹介された治療院へ藁をもすがる思いで行ってみると、意外な診断が―
「首から背中にかけて強い張りがあり、右肘にも影響が出ているのではないか」
実際にその張りを取り除いてみると、利き腕に本来の感覚が甦り、8月には1軍の試合に復帰。そのままシーズン終了まで投げ続けることが出来たそうです。

 このように、普段から体を動かしているスポーツ選手ですら陥りがちな体の張り・コリによる不調。いつもはお仕事で机に向かうことが多い方は尚更です。これは肘だけでなく、肩や腱鞘炎(参照:腱鞘炎!?)はもちろん、下半身の膝や足首にも言えることです。
違和感や痛みがひどくなり、せっかくの運動が楽しめなくなる前に、一度ご相談ください。

ページの先頭へ