カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

保健室(体の豆知識)

保健室 ~体の豆知識~
  • 打撲

     今回は打撲に対する対処をお話します。打撲は誰しも経験のあるではありますが、皆さんはただ自然に治るのを待つだけではありませんか?

     打撲は出血や傷が無いため軽視されがちですが、たまたま皮膚が傷つかなかっただけで皮下では出血が起き傷も付いているのです。ですからきちんと処置しなければなかなか出血が止まらず、炎症も進み治りにくくなってしまうのです。

     まず直後の対処としてはしっかり冷やすことが重要で、これにより血流が抑えられ過剰な炎症や皮下の出血を抑えます。この段階で冷やすか冷やさないかは治る早さに大きく関わります。また冷やす際には冷感シップではなく、氷袋や保冷剤を用いることをお勧めします。シップは冷え感があるだけで長時間使用すると逆に熱がこもってしまいます。ですから直後は患部がしっかり冷える(冷え感が痛みに変わらないように注意しながら)まで、以降2日目位までは時間のある時にこれを繰り返します。

     3・4日すると患部の赤みが紫色に変わって、俗に言う青タンになっていきます。この状態になると炎症や皮下出血も落ち着き、傷ついた部位の修復と皮下に溜まった青黒い血(青タンの正体)の吸収が始まります。この段階では血流を良くし、修復や吸収を促します。この時にマッサージや鍼、灸などを用いるとさらに効果的です。またコリなどにより血流が悪いと青タンが治りづらかったり、青タンが出来やすくなったりします。

    打撲も対処の仕方ひとつで予後が大きく変わってきます。きちんとした処置をして早目に治しましょう。