カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

保健室(体の豆知識)

保健室 ~体の豆知識~
  • 更年期障害

    ホルモンだけが原因ではありません。
    今回は更年期障害について考えてみましょう。更年期障害で悩まれている方は女性を中心に多くみられます。一般的に更年期障害は女性の場合、閉経を挟んでホルモンバランスが乱れ、それに伴って自律神経も乱れてしまいます。そのため症状も全身にわたってしまうと考えられています。閉経が引き金と考えられるため、発症は45歳~55歳に多くみられます。当院にも今現在更年期障害に苦しんでいるという方や以前苦しんだという方が多く来院されています。しかし更年期障害の症状を全て閉経に伴うホルモンバランスの乱れに結び付けて良いのでしょうか?

    四十肩・五十肩というのは皆さんも聞いた事があると思われます。ではなぜ三十肩や六十肩という言葉が無いのでしょうか?もちろん30歳代の方や60歳代の方でも四十肩・五十肩と同じような症状を患う事はありますが、圧倒的に40歳代と50歳代に多いのです。個人差は当然あるものの、ちょうどこの頃に段々と背中が丸くなろうとする姿勢の変化が起きます。それゆえ肩だけでなく腰でも首でもちょうどこの40歳代から50歳代にかけてというのは不安定になりやすく、様々な症状の出やすい年代なのです。

    つまりこの年代は身体全体が変化する時期なのです。閉経はこの変化が一番分かりやすい形で出ているため注目されやすいのです。人はいきなり老人になるわけではありません。この40歳代・50歳代が入り口となって徐々に変化していくのです。だからこそこの時期の対処が十年後・二十年後の自分に帰ってくるため大切なのです。実際更年期障害が軽い方やほとんど無かったという方は身体全体のバランスも悪くないことが多く見受けられます。

    更年期だから仕方ないとあきらめる前に一度ご相談ください。全てではないにしても症状のいくつかは軽減します。しかし本当は更年期を迎える前に身体を整えておくことが最も望ましい形でしょう。