カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

保健室(体の豆知識)

保健室 ~体の豆知識~
  • 四十肩・五十肩

     今回は俗に言う『四十肩・五十肩』についてお話します。ご存知の通り『四十肩・五十肩』は文字通り40歳から50歳前後に肩周辺に出る痛みやこわばりのことで、医学的には『肩関節周囲炎』と難しい名前がついています。40歳・50歳前後で起こりやすい理由は更年期障害にも書いたように、この頃というのは身体が大きく変化する時期だからです。

     そして名前に『肩』という字が入っていたり、痛みの出る場所が主に肩であったりするために原因も肩にあると思われがちですが、正確には肩甲骨の周りの筋肉が固まってしまうことが本当の原因となるのです。ですからこの『四十肩・五十肩』というものは通常の肩コリの延長戦にあるのです。来院する『四十肩・五十肩』の患者さんも若い頃から肩コリに悩まされていたと言う方が大半で、それ以外の方もただ肩がコっている事に気付いていないのです。

     この『四十肩・五十肩』には大きく分けて2段階あり、第1段階は肩コリから筋の過緊張や神経痛によって動きが悪くなる時期があります。これを放置していると肩周りの筋肉が固まってきて肩が動かしづらくなってしまう第2段階へと進んでしまいます。第2段階に移行してしまうと非常に治りが悪くなるため、第1段階のうちの治療をお薦めします。

     また確かに『四十肩・五十肩』は時間が経てば(人によって数ヶ月であったり、数年であったりはするものの)快方へ向かいます。しかし適切な対処がなされないと症状が長引くだけでなく、治ったと思ったら反対側の肩が同じような症状になることは多く見られるケースです。

     まずは肩コリを治して『四十肩・五十肩』を予防する事が第一ですが、もしなってしまったら一日でも早く治療することが肝心です。