Menu

Q&A(よくある質問)

Home

Q&A(よくある質問)

よくあるご質問から身体のことまでお答えします!

着替えは持っていったほうがよいですか?治療の時はどのような格好がよいですか?

着替えはこちらで用意しておりますが、できましたらハンカチ・タオル等とあわせてご用意ください。
治療に適している格好はTシャツ・スウェット・ジャージなど素材がやわらかくシワになりにくいもので、動きやすいものをお勧めします。
アクセサリー(紛失・破損しやすいもの)は、なるべくはずしてください。
下着は脱ぐ必要はありませんが、可能でしたらボディースーツは脱いでください。

後から来た人が先に治療されたけど・・。予約したのに時間通りにはじまらなかった・・。

予約の有無・施術担当者・施術の内容により、順番が入れ替わることがあります。
予約された方を優先して治療しますが、完全予約制ではありませんので、来院時の状況によりお待ちいただくことがあります。申し訳ありませんがご了承お願いします。

クシャミをしただけでギックリ腰になってしまったのですが・・・。

ギックリ腰は、現代医学的には「急性腰痛症」と言い、何かの拍子で突然腰に激痛が出る症状です。俗に「魔女の一突き」などとも言われます。
私たちはギックリ腰をあくまでも慢性的な身体の歪みの延長としてとらえています。
普段は腰が重い・ダルイ程度の症状であったものが、数日のうちに腰の筋肉の緊張がピークに達してしまい、いつギックリ腰が起きてもおかしくない状態になっていたのだと考えられます。
ですから重い物を持たなくても、クシャミ程度の振動で誘発してしまったとしても不思議ではないのです。

事務仕事を始めて3年、最近ひんぱんに肩こりや頭痛に悩まされているのですが・・・。

私たちはこの様な症状をお持ちの方、特にデスクワークをされる方に「あなたは枕がなくても眠ることができますか?」とよく質問します。
これに対して「枕がなくても眠れます」とお答えの方は、仕事柄うつむき気味に座る姿勢が長時間続くため、本来は前へ孤の字に反っている首の骨(ほぼ正常の写真参照)が真っ直ぐになりつつある(後弯症の写真参照)のだと思われます。いわゆるストレートネックです。
ストレートネックになってしまうと睡眠時に枕を使うことで、真っ直ぐな首の骨が無理に反らされるため、首に負担がかかり眠りづらいのです。 そのため枕がなくても眠れる、あるいは枕が無いほうが眠りやすいのです。

この様に首の前への反りが少なくなり、まっすぐまたは後ろへ反ろうという傾向が強くなると、身体はそれを防ごうとして首から肩にかけての筋肉を緊張させるのです。
そして、その結果として肩こりや首のこりが引き起こされ頭痛を感じてしまうのではないでしょうか。

ページの先頭へ