Menu

O脚矯正・骨盤矯正

Home

O脚矯正・骨盤矯正

O脚矯正

世の女性にとってO脚は切実な問題です(もちろん男性にとっても)。しかし中には『私、O脚なんです』と来院されても、正しい立ち方をちょっと指導するだけで両脚が綺麗にくっ付いてしまう方もいます。一言にO脚といっても様々な要因が考えられます。ですからその人の体に合った治療をしなければ、なかなか結果が出ないのも当然です。

先天的なものでない場合、O脚というのは腰の状態が悪くて脚の内側より外側の筋力が強くなるために外方向に引っ張られて起こります。一般的にはサイドステップの多い運動(バスケットやテニスなど)をされる方は脚の内側に比べ外側の筋肉が発達することによって起こることが多く、運動不足の方(若い女性や高齢者に多い)は脚の内側の筋肉が弱いために外側に引っ張られO脚になりやすいと考えられます。そしてこの状態が長年にわたって続くと、変形性膝関節症にまでつながってしまうのです。

またO脚には骨盤を含めた腰の状態が大きく関係している為、腰の治療を並行して行うことも忘れてはなりません。腰の状態を整える事によって、足もバランス良く使えるようになりO脚の予防にもなります。

O脚矯正は見た目の美しさを追求するだけでなく、身体全体のバランスを整える事が重要なのです。

O脚と足のトラブル

ストレートなパンツや膝の出るスカートをはく機会が増えてくると、脚の形が気になる方も多いのではないでしょうか?O脚については以前も触れましたが、簡潔に言うとO脚というのは脚の内側より外側の筋力が強いために外方向に引っ張られて起こります(詳しくは『O脚矯正』や、保健室の『O脚』参照)。そして、O脚になると歩き方までおかしくなってしまいます。その結果足の裏の使い方も悪くなり外反母趾や偏平足、魚の目、タコ、巻き爪などの原因ともなってしまうのです。では次にそのメカニズムを具体的に見ていきましょう。

正常な歩行では重心がカカトから入り外側(小指側)を通って、親指で蹴り出します。しかしO脚の方の場合、脚の外側の筋力が強いため足の裏も外側に負荷がかかります。そのため重心はカカトから入って外側を通り、そのまま小指から抜ける形《図参照》になってしまいます。この様な歩行が長期に及ぶと、足への負担が正常に分散されないため、様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。

そしてこのようにO脚や足のトラブルがあると正しい歩行ができず、腰に負担がかかります。その結果、腰の悪さから脚の使い方が悪くなってしまい、O脚や足のトラブルを引き起こすという悪循環を生んでしまうのです。ですから腰も並行して治療することが必要となります。

皆さんも身体のバランスを整えて素敵な足と歩き方を手に入れて、町を颯爽と歩いてみませんか。

O脚のチェック項目として・・・

椅子に座っている時に足を組みますか?
靴の底が外側ばかりすり減っていますか?
外反母趾がありますか                    ・・・etc
チェックが1つでもついた方は一度ご相談ください。

~治療風景~

骨盤矯正

骨盤の歪みは身体の様々な部分の歪みを引き起こし、色々な症状の原因となることがあります。特に腰痛をお持ちの方、膝・脚の痛み、だるさ、むくみ、O脚など足腰にお悩みをお持ちの方の治療に重要なポイントです。

骨盤の歪みは、日常の何気ない動作や生活習慣から引き起こされます。例えば脚を組んで座る習慣もそのうちのひとつです。

また、妊娠中は骨盤がゆるむ為、出産後にもそのゆるみからくる症状に悩まされる方がいます。 当院の施術は歪んだりゆるんでしまった骨盤矯正に効果的です。

大腿部のストレッチ

ストレッチはただ闇雲にではなく、筋肉のバランスを整えるという目的をもって行うことで、効果があがります。O脚の改善にはもちろんの事、骨盤の歪みの解消や足のむくみの予防にもつながります。

内腿の筋肉のトレーニング 

脚の内側の筋肉の衰えは、O脚だけでなく膝や腰の痛みにつながります。衰えた筋肉を鍛えることで、足腰の筋肉のバランスをとりO脚や症状の改善を図ります。

ページの先頭へ